読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

独立する時、どこに意識を向けるのか

ふと、以前の先輩が「集客には興味がないんだよねー」といっていたことを思い出して。

 

その人はInstagramで7000人くらいのフォロワーがいてて、毎日3ポストくらいしており、数百件のいいねが付きます。

 

どれくらいに集客に結びついているのかは知らないけど。。。

ま、その人の目的はヘアメイクの仕事を得るチャンスにしようとしているようですが。

 

そこで、今日の本題に移ります。

美容師が独立する場合3つの目的に分かれると思います。

  • 自分のため
  • お客様のため
  • スタッフのため

 

自分のためというのは、稼ぎたい。時間をコントロールしたい。自分のやりたいことを表現したい。自由にやりたい。

などなどです。

 

あ、先にお断りしておきますが、どれがよくてどれが間違っているなんて言うつもりはありませんので(๑˃̵ᴗ˂̵)

 

自分のためっていうのは分かりやすいですよね。基本的にはこれがほとんどの動機ですよね。

 

いってしまえば、お客様のためやスタッフのためっていうのも自分がそうしたいだけなわけなので、究極は全て自分のためです。

 

ここでの自分のためっていうのは、自分のお金や時間、やりがいといった感じです。

 

、、、しかし!

これってほとんどの人が実現しません。

だってあなたが幸せになることを応援してくれる人なんてそんなに多くはいるはずもありません。

 

だから自分のために頑張る人は遅かれ早かれ頭打ちすることが多いように思います。

 

 

次にお客様のためですが、

これって独立前にはどうしてもサロンの都合に合わせないといけないことが多くて、本当に100%お客様のためにやれている実感が持てなかったりします。

 

会社とは利益を上げる事が目的なので、個人単位ではどうしてもそれがしっくりこなかったりします。

(個人店では本当にお客様の事を想い、口先だけでなく実践しているサロンもあると思います。そんなサロンに通っているお客様は幸せですね)

 

 

そして3つめはスタッフのためなのですが、

美容室の場合、他業種と比べてこういう想いを持った経営者の方は多い方だと思います。

 

ただ、自分とスタッフを天秤にかけた場合にガラッと変わってしまう経営者も多いです。

 

例えば、普段は「スタッフが家族のように大事だー!」なんて声高らかにいっている経営者でも、スタッフが辞めるとなると豹変するなんてことはよくあります。

 

いきなり辞めさせたりね。

めっちゃブラックな美容室って未だにすっごく多いです。

 

でも、自分も含めて多くの美容師は自分が育ってきた環境ではいけないと強く感じる事が多いので、なんとか美容師が幸せになれるような環境を作りたいと考える人も少なくありません。

 

まじでお人好しな人が多いなーって思います。

 

というわけで1人でも多くの人を幸せにできるように頑張っていきたいと思います。