読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金ではなく、人のご縁ででっかく生きろ

読むと元気と活力が出る本!
中村文昭さんの講演にも行ったことがあるからか、中村さんの本の言葉を読むだけでとても元気が出ます。

 

初めて読んだのは10年程前ですが当時から覚えている言葉やエピソードがいくつかあります。


「頼まれごとは試されごと」「返事は0.2秒」やレストランウエディングの話など、サービス業をされている方にはぜひ読んでいただきたい内容です。

 

人を喜ばせることが人生を豊かにする


きっと中村さんは人を喜ばせることが本当にすきなんだろうなと思います。

講演の時も呼んでくれた人の期待に応えれるように頑張った結果、全国でも引っぱりだこの人気講演家になりました。

 

たしか、知り合いに頼まれて初めて人前で話をして、その時の1つのテープがどんどん「縁を運んで」来たそうです。

 

縁を逃さない!

チャンスを掴んでる人って、出会いを大切にしているイメージってありませんか?または、出会いが実を結んでいるような。

中村さんは出会いを積極的に作ったり大事にするために様々な工夫をされています。例えば「新幹線で隣の席になった人とは必ず仲良くなる」「名刺交換をした人にはすぐに手書きのハガキを出す」など。

チャンスを掴みたいなら、チャンスを作る。チャンスを大事にする。チャンスを育てる。といった気概が必要なのかもしれません。


この本は老若男女問わず誰にもおすすめしたいですね。でもタイプもあると思うので、どちらかといえばもともと外交的なパーソナリティをお持ちの方が読むと活かしやすいかもしれません。