読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

原因と結果の法則

自己啓発本のルーツ「原因と結果の法則」
1902年に出版され、その後一世紀以上読まれ続けている自己啓発本のルーツとも言えるのがこの本です。

 

前書きにもあるように、すべての自己啓発本はこの「原因と結果の法則」をケーススタディに落とし込んで細分化しているのに過ぎないのかもしれません。(少し言い過ぎかな?)

 

それくらいこの原因と結果の法則というのは、考え方、捉え方によっては途方も無いくらい深い真理なんだと思います。

 

全ての根幹は「思考・想い」である。


思考や想いのその先に、言葉や行動があり、それを続けることでやがて習慣となり、習慣はやがてその人の人格を形成します。そしてその人格がもたらすのが運命ということです。

 

マザーテレサの名言でも
思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。


言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。


行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。


習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。


性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。
というものがあります。

 

これはまさしく原因と結果の法則に書いてあることと同じですよね。

だから逆算して考えることが大切なんだと思います。


・良い人生を送りたいなら性格や人格に気をつける
・良い人格を身に付けたいなら、良い習慣を身につける
・良い習慣を身につけたいなら、良い言動をとる
・良い言動をとりたいなら、良い想いをもつ

 

この逆算思考は「人生」という大きなテーマだけでなく、例えば「物心共に豊かになりたい」とか「素敵なパートナーと結ばれたい」なんていうことにも応用が効きます。


結局はシンプル


ナポレオンヒルもこの本に影響されたと言いますが、そうして彼がより人々にわかりやすく、実体験も交えたものが全世界で3000万部以上発行され、世界中の人々に多大なる影響を与えたのが「思考は現実化する」です。

 

「思考は現実化する」と「原因と結果の法則」って響き自体がかなり近いですよね。

 

この2つを理解すれば、少なくとも精神的に不幸になることはあり得ないし、ほぼ確実に金銭的や時間的にも自分の理想とする人生に近いものが送れるのではないでしょうか。

 

人は自分の思った通りの人になる。
人は自分の思っている通りの人にしかなれないのです。