読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

流行よりも自分に似合う服が欲しい!

ポイントは自分に合ったものを見つけること

 


自分のファッションに自信が持てない方は多いのではないだろうか?
私もその1人です。

オシャレな人というのは、何処でそんなの見つけてきたのだろうかというようなものをバランスよく組み合わせている。

 

それに比べてオシャレじゃない人は何処にでもあるような服をなんとなく着ている。

 

この両者の間にはきっと「好き」と「興味」というものに圧倒的な差があるので、おそらく本質的に追いつくことは不可能なのかもしれない。

 

 

それでももう少しはよく見られたい。
少なくとも中の上には見られたいw

 


ところで、オシャレな人というのはトレンドに敏感で常に新しいものを買い揃えているのかというとそうではない。むしろ服を大切にするし物持ちがいいようにも感じる。

 


そう、大げさに言えば時代が変わっても古くならないものを身につけているのだ。

それは彼らが本当に自分に合うものを分かっていて、その人なりのバックグラウンドやこだわりが表れている。だからその人らしくあって決して古くならないのだ。


これではいくら雑誌や街行くオシャレな人を見て形だけ真似ても上手く行くはずがない。


では、どうすればいいのか。
まずは自分を徹底的に知ることである。

 


自分が好きなファッションのテイストを知る。

まずはこれである。自分がどんな風になりたいのかを知る事は全ての土台となる。
とは言っても、それ自体がわからない方も多いだろう。完璧でもなくていいのでまずはじっくり考えてみて欲しい。好きな男性有名人、スポーツ選手でも良い。身近な人から現実世界では会うことが叶わない人。色々な人を思い浮かべることがヒントになるだろう。


自分の体型に合ったブランドを見つける。

値段の高い安いに関わらず、自分の体型あったブランドがあるはずだ。ブランドによって同じMサイズでもフィット感は全然違う。私も服の雰囲気は好きだが微妙にカラダにフィットしないブランドもある。

体型にフィットしないとどうもしっくりこないし、なぜか洋服がチープに見えてしまうことすらある。逆に自分の体にしっくりきていれば安いものでも、チープに全然見えない。

だから、インナーシャツにしてもアウターやパンツにしても色々試してみて自分の体にフィットするものを探して欲しい。


自分に合う色を見つける。

このブログを読んでいる人でパーソナルカラーの診断を受けたことのある人はどれくらいいるだろうか。一口に赤や青と言っても、彩度の高いものから低いものまであるし、原色の様な赤や青を好んで着る人はほとんどいなく、大抵の色は混ぜて作られている。

 

そんな風に無数にある色の中から自分にあった色を見つけてくれるのがパーソナルカラー診断だ。

これを知っておくと失敗を防げるだけでなく、今まで着たことのない色にチャレンジすることだってできる。世の男性のほとんどは白や黒や青などの無難なもの、または茶色っぽい地味な色を身につけている方が多いのではないか。

 

中には似合ってもおないのに派手な色を好んで身につけている人もいるがそれは周りの人がぜひ注意してあげて欲しい。

 

自分に似合う色というのは思っている以上に沢山あり、それを知っていれば今まで「赤」なんですにチャレンジしたことのない人も「自分に似合う赤」を見にまとうことができる。

どうだろうか?少しドキドキするだろうが、新しい自分を想像すると少しワクワクもしないだろうか?

 


という事で今回は3つ(自分の好きなテイストを知る。自分の体型に合ったブランドを見つける。自分に似合う色を見つける)を紹介させて頂きました。


ぜひ、お役に立てていただければと思います。